​医師紹介

診察

当院は昭和34年に、九州大学医学部皮膚科泌尿器科講師の岩崎 博が「岩崎皮膚泌尿器科医院」として当地に開院し、皮膚科と泌尿器科を標榜科として長年地域医療に貢献してまいりました。

さらに開院44年目の平成15年には、広島大学医学部皮膚科講師の岩崎泰政を迎え「岩崎皮ふ科・形成外科」としてリニューアルしました。

岩崎泰政は広島大学皮膚科学教室で長く診療、教育に携わっており、大学病院のない備後地区においても、大学病院と同等レベルの質の高い診断と治療が受けられることを目標に、施設やスタッフを充実させてまいりました。

輝く木々
三世代家族

すなわち安全、かつ快適に外来手術ができる手術室や、血管腫(赤あざ)や色素性のあざに対するレーザー装置、さらに皮膚疾患に特殊性のある様々な専用治療装置を導入し、あらゆる皮膚疾患に対応できるように努めています。

今後も広島大学や岡山大学、川崎医科大学、さらにその関連病院とも連携をとりながら、地域医療に貢献できるように努力していくつもりでおります。

アトピー性皮膚炎やじんましん、にきびをはじめとする一般の皮膚疾患や難治の皮膚疾患、さらにあざ、皮膚腫瘍、美容皮膚科にいたるまで様々な皮膚病でお困り、お悩みの方は、お気軽に受診していただきたいと考えています。

院長・理事長

岩崎 泰政

Iwasaki  Yasumasa

​経歴

広島大学医学部皮膚科講師
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本皮膚科学会代議員
日本皮膚外科学会評議員など

本来の皮膚疾患のほかに形成外科,アトピー性皮膚炎やじんましんなどのアレルギー科,皮膚レーザー治療に精通し各分野での業績は広く知られている。とくにあざに対するレーザー治療,熱傷(やけど),皮膚悪性腫瘍(皮膚がん)などに関しては全国的にも広く認められている。

院長

名誉院長

名誉院長

岩崎 博

Iwasaki  Hiroshi

​経歴

九州大学医学部皮膚科泌尿器科講師
山口赤十字病院皮膚科部長

昭和34年に当地で開業し現在に至る。泌尿器科担当。